閑話雑題って何?
暇なときにするよもやま話ってところでしょうか。
造語です。
な〜んとなく思いついたことやふと考えること、ちょっとした出来事などを
たたみと関係あろうがなかろうが書いていこうと思います。
当然不定期です。
飽きたらやめるくらいのいい加減なものです。
人の意見も多少は参考にしますが、あくまで個人的見解です。
まとまりのない内容になることも多々あるかと思います。
批判やご意見は一切受け付けませんのでご容赦願います。



エコ

エコについては数年前、
すでに閉鎖されてしまったブログにも書いたような気がします。
その時のことを少しだけ思い出しながら、
最近思うことも加味して書いてみます。

エコとは、
エコロジーまたはエコノミーの略の和製英語
エコロジー(ecology)・・・生態学または環境に優しい
エコノミー(economy)・・・経済またはコストが安いこと
(Wikipediaより)

エコという言葉をよく耳にするようになってから久しいですが
エコロジーとエコノミーが密接に絡み合って、
地球環境を考えるみたいな壮大な話になっていますね。
最近エコというと必ずといっていいほど出てくるキーワードは
地球温暖化、温室効果ガス、循環型社会、再生可能エネルギーなどなど
一種のブームみたいな状態です。
こういうキーワードは政治的に利用される一方で
民間企業は宣伝文句のど真ん中に据えているように見えます。
行政の施策には必然的に利権が絡みます。
税収にも大きな影響を与えますから
エコという言葉を中心に様々な思惑が渦巻いているようにも見えます。
例えばクルマを例にとれば、エコカーなんて言葉が作られ
減税を含めた行政施策の元、企業がそれを強く押し出し
多くのユーザーはまるで踊らされているようです。
エコカーって本当にエコなの?という本質論は二の次です。
住宅を例にとれば、エネルギー効率を高々と掲げ
やはり優遇制度を含めた行政施策の元
企業は高気密化と空気の強制循環を併せ持つような
住宅を大々的に宣伝しています。
これって本当のエコなんでしょうか?
エコカーやエコ住宅が良いとか悪いとかの話じゃなくて
行政や企業が消費者に対して上から与えるという構造は
エコの本質を考える機会が奪われているように思えます。
地球温暖化やリサイクルに対して、その原因や効用について
疑問視する学者も多く存在するようですが
そういう意見は目立つ形では伝わってきません。
どうやらエコはエコロジーより、行政に都合の良い
エコノミーが優先されているように見えます。

江戸時代について研究している学者たちによれば
江戸庶民の生活は究極のリサイクル社会だったそうです。
暮らしの中で排出されるものは何でも回収し
徹底的に使い回して最終的に土に戻すみたいな。
ほとんどの消費物資が植物由来だからこそできたことですね。
壊れたものはそう簡単に捨てないから
いろいろな修理屋さんがあったらしいです。
時代劇に出てくる浪人武士の傘貼りもその一つとか。
江戸は当時世界的な人口密集地だったようなので
生活リズムや住環境は今と全く違うでしょうし
モノがあふれている現代と違いモノは大事にしないと
生活そのものが立ち行かなかったでしょう。
宵越しの金は待たないのが江戸の粋のように言われますが
持たないのではなく持てないのが実情だったそうです。
強がりこそが粋だったのでしょうね。
それでもなんでも仕事になった時代で
日銭を稼ぐのに困ることはないので
当時としては当たり前の生活がちゃんとできたそうです。
時代が明治になり世の中は徐々に変わっていきますが
人の心はそう簡単には変わりません。
こういう気質は庶民の間で息づいていたと考えるのが自然です。
江戸(東京)の町が大きく変わったのは
関東大震災と第二次世界大戦の二度にわたり
町が壊滅したのが大きな理由でしょう。
復興のためには物質に頼らざるを得ません。
産業技術もすでに近代化していた時期ですから
苦しい時期を過ぎると十分な供給が徐々に始まります。
欧米の豊かな暮らしをうらやましいと思えば一気に加速します。
通信技術が発達すれば国民すべてに情報が行きわたり
全国的規模で生活レベル意識の均一化が進みます。
こうなると当たり前だった江戸の暮らしはもはや貧しいものと捉えられ、
豊かな暮らしのために一生懸命働き、消費し、蓄え
モノがあふれる時代へとつながってきたのでしょう。

こうして振り返ると、江戸は究極のエコ社会だったと捉えることができそうですが
江戸の人たちがエコを考えて暮らしていたとは思えません。
そういう生活が当たり前だっただけです。
文化は豊かな暮らしの中で育まれるといわれます。
江戸時代は平和なときが数百年と続いたので、
当時の感覚としては十分豊かだったと思います。
だからこそ庶民文化が花開いた時代です。
ただ、当たり前のことはその段階で文化とは認識されません。
日本が先進国と呼ばれ物質的に豊かになって
文化や学問が育まれる一端で、初めて環境への関心が湧いてきました。
発展のために汚してしまった空、海、川、土を何とかしなきゃいけないと。
環境意識と技術が進んできたタイミングでエコという言葉が出てきました。
旗印があると行動は起こしやすいです、キャッチコピーみたいなものですね。
さてさて、これからエコという言葉はどう利用されていくでしょう。
少なくともエコがエゴにならないことだけは祈りたいです。

モノや情報に頼る生活が豊かになりすぎると
我慢するとかもったいないと思うことが当たり前ではなくなります。
数百年先までの豊かな生活を考えて今エコを考えることが大切!
そんな風に聞こえてくるような気がしますが
二律背反を克服する決定打ってあるのでしょうかね。
江戸時代の生活には戻れません。
ただ、前を向くことだけが大事だとは思いません。
時には立ち止まり、振り返り、将来のために後戻りする勇気も必要だと思います。



令和元年 7月 記